stonaストナは、症状に合わせて選べるかぜ薬。
液体 in カプセルだから、素早くとけてよく効きます。

  • ストナリニシリーズ 鼻炎薬
  • 佐藤製薬株式会社
menu

トップ風邪(かぜ)について

風邪(かぜ)について

風邪(かぜ)のメカニズム

どのように感染するの?
どのように感染するの?

「風邪(かぜ)」は年間を通じてかかりやすい病気の一つ。
ほとんどがウイルス感染によるもので、体のだるさにはじまり、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、頭痛、発熱などの症状があらわれます。
多くの場合は普通感冒に分類され鼻、口、のど、気管支など上気道に急性炎症が起き、軽い場合は2~3日、長くても1週間程度で治ります。
しかし「風邪(かぜ)」は万病のもとといいます。後期症状が長引けば肺炎など深刻な合併症をひき起こすこともあるため、早めに症状に合ったかぜ薬を服用することが大切です。

ウイルスによって症状がちがうのはなぜ?
ウイルスによって症状がちがうのはなぜ?

「風邪(かぜ)」のウイルスは200種類にもおよぶといわれていますが、ウイルスそれぞれに標的細胞をもっています。
標的細胞とは、いうなればウイルス自身にとって住み心地のよい細胞のことで、ライノウイルスやコロナウイルスは鼻、アデノウイルスはのど、というように増殖しやすい場所をめがけて血液中を移動するのです。

コラム 佐藤製薬がおとどけするお役立ち情報が満載コラム お役立ち情報が満載

よくあるご質問

風邪(かぜ)薬を飲んでいますが、頭痛がとれません。鎮痛薬を一緒に飲んでも良いですか?
風邪(かぜ)薬には解熱鎮痛成分が配合されていますので、鎮痛薬を併用することは過量服用となり、思わぬ副作用が現れるおそれがありますので、併用はしないでください。
風邪(かぜ)薬を飲んだら便秘になってしまいました。便秘を引き起こさない風邪(かぜ)薬はありませんか?
風邪(かぜ)薬には、咳止め成分としてリン酸ジヒドロコデインが配合されており、おそらくその成分による便秘だと思われます。
便秘がひどいようでしたら、薬剤師さんに、リン酸ジヒドロコデインが配合されていない風邪(かぜ)薬をお尋ねになってください。
ポイント!:「ストナ三層」にはリン酸ジヒドロコデインが配合されていません。
※必ずしも便秘を引き起こさないというわけではありません。また風邪(かぜ)のひき始めであれば「ストナ葛根湯2」がおすすめです。
風邪(かぜ)薬の使用上の注意に「緑内障のある方、排尿困難な方は相談」となっていますが、どうしてですか?
風邪(かぜ)薬の成分として使われる抗ヒスタミン剤は、眼圧亢進や膀胱筋の弛緩を助長する恐れがあり、緑内障患者や排尿困難な人が使用するとこれらの症状を悪化させることがありますので、医師又は薬剤師に相談することになっています。
授乳中ですが、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないですか?
成分によっては、ごく微量ですが、薬の成分が母乳に移行する可能性はありますので、服用前に必ず、医師または薬剤師にご相談ください。
使用上の注意に「1歳未満の乳児には、やむを得ない場合の他は服用させないでください」と書いてありますが、飲ませない方がよいのでしょうか?
1歳未満の乳児に対しては、夜間や休日のような医師に診て頂くことのできないときに応急的に用いてください。
ビタミン剤やサプリメントと併用しても良いですか?
配合成分により注意が必要な場合がありますので、医師や薬剤師にご相談のうえ併用してください。
「長期連用しないでください」とありますが、何日になりますか?
長期連用とは、5~6日間位です。風邪(かぜ)の場合は一般に4日~1週間で治癒に向かうことから、5~6日間服用して症状の改善がみられない場合は、症状の悪化や他の疾患なども考えられるため、その場合は服用を中止し、医師や薬剤師にご相談ください。