ストナリニZジェル・ストナリニZ TOP > 製品情報 > 使用上の注意

使用上の注意

してはいけないこと

守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります

1. 次の人は服用しないでください

(1)
本剤又は本剤の成分、ピペラジン誘導体(レボセチリジン、ヒドロキシジンを含む)によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)
次の診断を受けた人。
腎臓病
(3)
15歳未満の小児。

2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください

他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬等)及びテオフィリン、リトナビル又はピルシカイニド塩酸塩水和物を含有する内服薬

3. 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)

4. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください

5. 服用前後は飲酒しないでください

相談すること

1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください

(1)
医師の治療を受けている人。
(2)
次の診断を受けた人。
肝臓病、てんかん
(3)
けいれん発作を起こしたことがある人。
(4)
妊婦又は妊娠していると思われる人。
(5)
高齢者。
(6)
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)
アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
(8)
気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎等の他のアレルギー疾患の診断を受けたことがある人。

2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください

関係部位 症 状
精神神経系 倦怠感、頭痛、頭重感、ふらふら感、しびれ感、めまい、浮遊感、不眠、ふるえ、抑うつ、自殺願望、興奮、攻撃性、無力感、知覚異常、幻覚、意志に反する体の動き、意識消失、健忘、悪夢
消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、消化不良、腹痛、腹部不快感、胃痛、口唇炎、口唇の乾燥感、味覚異常、口内炎、腹部膨満感、食欲亢進、舌のはれ
循環器 動悸、血圧上昇、不整脈
皮膚 発疹・発赤、じんましん、むくみ、かぶれ、かゆみ、水ぶくれ
充血、かすみ、異常な眼球の動き、まぶたのはれ
呼吸器 息苦しさ、せき
泌尿器 尿蛋白、尿糖、頻尿、血尿、排尿困難、尿失禁
その他 耳なり、月経異常、胸痛、ほてり、関節痛、手足のこわばり、嗅覚異常、鼻出血、脱毛、体重増加、筋肉痛、発熱

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称 症 状
ショック
(アナフィラキシー)
服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
けいれん
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
血小板減少 血液中の成分である血小板の数が減ることにより、鼻血、歯ぐきからの出血、青あざ等の出血症状があらわれる。

3. 服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください

口のかわき、便秘、下痢、眠気

TOP | 製品情報 [製品概要] [使用上の注意] | Q&A

ストナ・ストナリニのサイトへ

ストナリニZジェル・ストナリニZトップへ